「かかりつけ医」ってどういう意味なんだろうね~???

健康・からだ

2月に一度『かかりつけ医』へ高血圧の薬をもらうために診療及び保健指導を行ってもらっている

そもそも、『かかりつけ医』って、今までよく考えたことなかったよね~
以前から、『かかりつけ医を持ちましょう』とか、ポスター見たりとか、CM?があったような

日本医師会によると、定義らしいものがあるんだね・・・それによると

『なんでも相談できる上、最新の医療情報を熟知して、必要な時には専門医、専門医療機関を紹介でき、身近で頼りになる地域医療、保健、福祉を担う総合的な能力を有する医師。』

そうなんか~、「何か月に何度診療を受けている」とか、「年何回診療を受けている」とか具体的なことは入っていないんだね~。ってことは、その病院に診てもらったことがなくても、近くにあって相談なんかに行ければ『かかりつけ医』ってことになりそう・・・

なんか、いままでイメージとしてたのは、何度か診療とか診てもらっていて、カルテとか自分の記録がある病院なのかな~って勝手に思ってたよ( ´∀` )

そういえば、『コロナのワクチンの予約する際に「かかりつけ医」だと考えていたが、最後の受診日から一定期間経過していることなどで医療機関側が「かかりつけ医」にはあたらないと判断して予約を受け付けないケースがあった』なんて報道があったよね~。
医療機関側から「違いますよ!」って言ったってことでしょ。まあ、ワクチンには限りがあるだろうし、その病院のキャパもあるだろうから、ある程度制限かけないと・・・。だったんだろうね( ;∀;)

でも、そんなこと言われても・・・いままで「かかりつけ医」だと思っていたのに・・・ってことも

コロナ過になって、熱が出たらまずは「かかりつけ医」に相談して!って言われてたけど、いざその時に電話して

  『ウチ、あなたの「かかりつけ医」じゃないんでね!!ホカ当たって』

って言われてたかもしれないってことでしょ??怖いね・・・

「かかりつけ医」の定義を定めるとき、コロナみたいな非常事態なんて想定していなかっただろうからね~それだけ誰もが予想できなかった事態なんだろうね。大変なのはみんな一緒だね・・・

健康な人もそうでない人も自分の「かかりつけ医」について考えてみるのもいいかも( ´∀` )

今日の活動記録~
今日は休養日です
明日も雨かな~???