風しん抗体検査・予防接種②

健康・からだ

コロナ過でのワクチンに対する効果と理解が進んできている中、昔の書類を整理していたら出てきたのが、

「風しん抗体検査・予防接種のクーポン券」

確か、コロナ過になる前郵便で届いた記憶があったのだが、その頃は予防接種とか何だか面倒だな~ってことで放っておいてた。

コロナ過になったこともあり、このクーポンの有効期限も延長されたらしい・・・。

しかし、このクーポンなんで男性だけ??

しかも、「昭和37年度~53年度生まれの男性の皆さん」なんだろうか???

これは、免疫のない女性が妊娠初期に風疹にかかると、風疹ウイルスが胎児に感染し、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風疹症候群」という病気を発症する可能性があるのため、将来妊娠の可能性がある女子中学生を対象とした集団接種として、風疹ワクチンの予防接種が始まったことにあるらしい。

なるほどね~。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 03_11s.jpg

そもそも、日本での風しんの予防接種の歴史は次のとおりらしい
1977年(昭和52年) 風しんの予防接種が始まった(中学生の女子のみ)
1995年(平成7年) 生後12~90カ月の男女を対象に義務化
2006年(平成18年) 1歳時と小学生に入る前の2回無料で受けられるようになる

1977年(昭和52年)当時に女子中学生(15歳)から受けることになったので、今回のワクチンも1977年(昭和52年)当時の男子中学生(15歳)だった人(昭和37年頃生まれ)からが対象になったってことだね~~

1995年(平成7年)までは、女子中学生のみ接種でその後生後12~90カ月となったから、昭和53年度生まれの男性までが対象になったってわけなんだね~~

この風しん、なんでも5年ごとくらいににわかに流行しているらしい・・・

2018年12月の国立感染症研究所 感染症疫学センターの発表によると、11月21日時点で、2018年に入って2,186人の風疹患者さんが報告されたらしい。

なかでも多いのが、30~50代の男性で、全体のおよそ3分の2を占めているんだって。

全く発生する可能性がないわけではない感染症の病気なので、予防接種を受けて感染防止につなげていきたいね。

2022年3月31日までは、無料のクーポンが使えるらしいから未接種の方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか??


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
オミクロン株が猛威を振るっとりますね~

健康・からだ
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ