便秘

健康・からだ

とうとう入院する羽目になってしまった。

ただし、手術とかはなく断食から回復までの入院。その病名はと言うと「虚血性腸炎」というものだ。

どういう病気かは、追々ブログの掲載していこうかなと思っている。

この「虚血性腸炎」の原因であろうとされているものは「便秘」らしい。

そう言えば、便秘気味なんだよね~~

ということで、結構悩んでいる方も多いんじゃないのかな「便秘」

今回は、「恩賜財団 済生会」のサイトを参考にさせて頂きます。

便秘とは、本来は身体の外に出すべき糞便を、十分量かつ快適に出すことができない状態のこと。一般的には「いつもより排便回数が少ない」状態を便秘ということが多いが、いつものように排便できていても「過度にいきまないと出なくなった」、「便が硬くてなかなかでない」、「残っているようでスッキリしない(残便感)」なども便秘と考えた方がいいみたい。

便秘が起こる原因

◆便秘が起こる原因◆

 

  • 食べる量が不足していて、便の量が少ない(食物繊維不足など)
  • 病気の影響で便が硬くなる(過敏性腸症候群、パーキンソン病、甲状腺機能低下症など)
  • 病気の影響で腸の中が狭くなり、便が通りにくくなる(大腸がん、炎症性腸疾患など)
  • 薬剤の影響で便が硬くなる(抗精神病薬、抗コリン薬、オピオイド系薬など)
  • 加齢や病気の影響などで、便を排出する機能が低下する(腹圧低下など)

便秘は誰しも経験するもので、短期間ならまず心配はない。食事や運動、排便習慣の見直しなどを行ない、様子をみよう。

便秘が長期間にわたり続く場合(慢性便秘症)は、念のため医療機関(消化器科、内科)で診てもらおう。

どんな人に、どんなときに現れるか

慢性便秘症は50歳以下では女性に多いが、男女とも加齢により増えてきて、70歳以降では男女差がなるらしい。

加齢により便秘が増える理由は、筋肉や神経の衰えにより排便しにくくなること、病気や薬の影響を受けやすいこと、食事や運動量が減ることなどが考えらる。

若い人の場合は、無理なダイエット、食物繊維不足、水分不足、排便を我慢する習慣、ストレスや精神的な問題、市販の便秘薬(刺激性下剤)への依存などが原因として多い。

まれですが、大腸がん(中年~高齢者)や炎症性腸疾患(若い))など、腸の病気が原因で便秘が起こっていることもある。

血便や腹痛を伴う場合や、便が細くなってきた場合は、なるべく早めに診てもらおう。特に定期的に大腸がん検診を受けていない人は要注意。

「たかが便秘」と侮るなかれ。だね・・・


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
梅雨の時期が始まる予感やね~

健康・からだ
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ