最近のテレビ視聴の最適距離

その他

以前、液晶テレビと有機ELテレビの違いについて掲載したよね

今回は、今どきのテレビを視聴する際の最適距離について

おっさんが幼いころのテレビと言えば、ブラウン管テレビというやつで、目に悪いからとよく両親から、「もっと離れて見なさい!」って言われてたったっけ~

今どきのテレビと言えば、ブラウン管から液晶テレビや有機ELテレビとなったとともに画面も大きくなっているけど、リビングの広さはそれほど変わってはいないはず。

ということは、昔みたいに離れて見なければならないということは、部屋からはみ出ちゃうってことにならないのかな?

最適距離については、テレビの進化によって異なってきているらしい
ブラウン管テレビ~フルハイビジョンテレビ~4Kテレビ と進化している

それぞれの推奨視聴距離は次のような感じ

ブラウン管テレビ:できるだけ離れて視聴

フルハイビジョンテレビ(HD液晶テレビ):画面の高さの3倍
例えば、43型程度のフルハイビジョンテレビの画面の高さは「約50cm」らしい
ということは、3倍が推奨視聴距離だから、150㎝となるみたい。だいぶ近い。

4Kテレビ(4K液晶・有機ELテレビ):画面の高さの1.5倍(フルハイビジョンテレビの半分)
43型程度の画面の高さは「約50cm」としたら
1.5倍が推奨視聴距離だから、75㎝となる。だいぶ近い。というか近すぎる・・・

技術の進化はすごい。なぜこんなに距離が縮まってきたかというと

単に「画質が良くなっただけ」らしい・・・

画質が良くなったから、近くでも鮮明に画像を観ることができるだけらしい。

画像をつくるドットが小さくできるようになったため、近くでも大丈夫なんだって。

画面から出る光で目が悪くなるとかではなくて、映像をハッキリ観ることためのものだったんだね( ´∀` )

参考までにフルハイビジョンテレビと4Kテレビの画素の比較は次の通り

なるほどね~。4Kテレビの画素数はすごいんだね~

それで一般的なリビングの距離はというと

ここで、それぞれ最適なテレビの大きさは

全然違うね。それぞれ部屋の広さでテレビの大きさを選べればいいね~


最近の気になるもの~~!!

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!


今日の活動記録~
寒さで何だかやる気が出ないね~

その他
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ