日本の年金制度

くらし

日本には、「人生のリスク」にすべての人が備えられるよう、公的年金は国が公的制度として運営してるものがある

公的年金は、大きく「老齢」「障害」「死亡(遺族に対する保障)」というリスクに備えてるらしい

日本の公的年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する「国民年金(基礎年金)」がある。

出典:厚生労働省

国民年金(基礎年金)は、3つに分けられている

日本に住んでいる20歳以上の人をライフスタイルによって次のように区別される

出典:厚生労働省

自営業者や学生、無職の方などを「第1号被保険者」
会社員、公務員などを「第2号被保険者」
専業主婦などを「第3号被保険者」 と区別される

第1号被保険者と第3号被保険者は、国民年金(基礎年金)のみ

第2号被保険者は、基礎年金に加え厚生年金が乗っかってくる。 よく2階建てとかいう表現をされるやつだね~

出典:厚生労働省

年金制度には他にも、企業が任意で設立し社員が加入する企業年金や、国民年金の第1号被保険者が任意で加入できる国民年金基金などがある。

これらはそれぞれ厚生年金、国民年金(基礎年金)に上乗せされて受給することができるんだね。

出典:厚生労働省

先ほどの2階建てに続き、3階建てとよばれる部分が、確定給付企業年金、確定拠出年金等(その他、基礎年金の上乗せとしての国民年金基金等)。

iDeCoは、確定拠出年金のことだね~

確定拠出年金か~、まだまだ勉強がひつようだね~


最近の気になるものランキング!!

最近、仕事で使えるバッグがないかを模索中・・・。良いのないかな~

 


今日の活動記録~
寒暖差がすごいですね・・・

くらし
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ