「脂質異常症」ってすごい名前やな~

健康・からだ

おっさん、最近は運動を継続的にやったり、食べ物に気を付けたりはしていて、血液検査の結果も何だかいい感じにはなってきている。

しかし、検査の結果が出るといつも医者に注意されるのが、「コレステロール値」や「中性脂肪」という大敵。

何度かに分けて、総コレステロールや中性脂肪、HDLコレステロール・LDLコレステロールについて掲載した。

では、これらの脂質が多くなるとどうなるのだろうか?

今回も、「全国健康保険協会(協会けんぽ)」のサイトを参考にさせていただきます。

脂質は体になくてはならない重要な栄養素の1つ。

血液中に含まれる脂質を血中脂質といい、主なものはコレステロールと中性脂肪なんだって。

コレステロールは細胞膜を構成する成分であり、ホルモンや胆汁酸などの原料にもなっていて、中性脂肪は脂肪組織に蓄えられてエネルギー貯蔵庫としての役目や、皮下脂肪となって体温の保持、衝撃から体を守るクッションの役目を果たしている。

通常、血中脂質は一定の量に保たれるよう調節されているんだと。

脂質異常症とは、体の中で脂質がうまく処理されなくなったり、食事からとる脂質が多すぎたりして、血中脂質が基準値から外れる病気なんだって。

脂質異常症には、3つのタイプがあるらしい・・・

  • 高LDLコレステロール血症:LDL-コレステロールが多いタイプ
  • 低HDLコレステロール血症:HDL-コレステロールが少ないタイプ
  • 高中性脂肪血症     :中性脂肪が多いタイプ

LDLコレステロールが高かったり、中性脂肪が高かったりするからこの2つに注意が必要。

特に直近の血液検査の結果によると基準値:120mg/dl未満のLDLコレステロール値が「162mg/dl」とオーバーしていたので、

高LDLコレステロール血症 のようだ・・・

この脂質異常症は、それ自体に自覚症状もなく放置されがちで、確実に動脈硬化を進行させ、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患のリスクを高めるんだって。

血液中のLDL-コレステロールが増えすぎると、コレステロールは動脈の壁の内部に入り込んで蓄積していき、その結果動脈壁は厚く硬くなり、アテローム硬化が進んでいくんだって。

一方、HDL-コレステロールが少ないと、余分なコレステロールが十分に回収されず、たまったままになる。

中性脂肪は、それ自体は動脈硬化の直接の原因にはならないが、中性脂肪が増えすぎると、LDL-コレステロールが増え、HDL-コレステロールが減りやすくなることがわかっているんだと。

動脈硬化に直接悪影響を及ぼすのはLDL-コレステロールだが、HDL-コレステロールと中性脂肪の異常も間接的に動脈硬化を促進するんだって。

脂質異常症は、いずれも放置してはならないということ。

脂質異常症の危険因子の多くは、生活習慣を改善することで減らすことができるんだと。

脂質の検査で結果が基準値よりも高かった人は、生活習慣を見直し、改善することが大切なんだって。

適度な運動が一番らしいよ~。みんな~、頑張りましょう~( ´∀` )


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
やっと金曜日・・・

健康・からだ
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ