便秘が天敵に・・・ ~便秘解消マッサージ~

健康・からだ

以前掲載したとおり、「虚血性腸炎」を患い、1週間程度入院してしまった。

その虚血性腸炎においては、今回治ったとしても再発する可能性があるらしい・・・。

虚血性腸炎は、便秘が原因で発症することが多いらしい。

そのことを知ってからは、どーも「便秘が天敵」である・・・

ということで、便秘解消について見てみようか~~

今回は、「スルーラック」のサイトを参考にさせて頂きます。

このサイトによると「身体を動かすことは、腸を動かすことに」らしい。
結構身体は動かしているとは思うのだけれどな・・・

スポンサーリンク

マッサージ(腸もみ)で、腸を直接刺激

「の」の字マッサージ

1.おへそを中心に大きく「の」の字を書くように時計回りにマッサージ。

2.大腸の流れを助け、肛門へ移動させるイメージでゆっくりと行う。

腸もみ

便が滞りやすい大腸の4隅にあたる左右のろっ骨の下(A・B)、腰骨の上(C・D)を意識して行う。

1.右手でろっ骨の下A、左手で腰骨の上Dを、脇からお腹をつかむようにして指をあてる。

2.ギュッと力を入れたり、抜いたりしてもみほぐす。

3.左手でろっ骨の下B、右手で腰骨の上Cをつかみ、同様にもみほぐす。

4.1〜3を繰り返して、4隅をまんべんなくほぐす。

ツボ押しで、腸の調子を整える

東洋医学では、全身には各内臓をつなぐエネルギーの通り道が網の目のように張り巡らされていると考えられていて、この通り道にある便秘解消におすすめのツボを押して、腸に刺激を与える。

心地よいと感じる強さでゆっくり押すのがポイント。

お腹のツボ

天枢(てんすう):
おへそから指幅3本分外側で、左右にある。

大巨(だいこ):
天枢から指3本分下で、左右にある。

背中のツボ

便秘点(べんぴてん):
いちばん下のろっ骨から指2本分下で、背骨から指4本分外側。左右にある。

大腸愈(だいちょうゆ):
腰骨の高さで背骨から指2本分外側で、左右にある。

手のツボ

合谷(ごうこく):
手の甲の親指と人差し指の付け根の骨が交わるところの内側。反対の手の親指と人差し指で挟むようにして押す。

神門(しんもん):
手首の内側、小指よりの関節部分で、骨と筋のくぼみになっているところ。

足裏のツボ

湧泉(ゆうせん):
足裏の土踏まずの上の方の少しくぼんだところ。左右の足にある。

腸のゾーン:
土踏まずに小腸のゾーンがあり、囲むように右足裏Aから左足裏のB肛門まで矢印の方向に大腸のゾーンがつながっている。腸のラインに沿って小腸→大腸→肛門の順に両手の親指で押し流すようにほぐす。

マッサージとツボ押しで、便秘解消出来たらいいな~。試す価値はあるかもよ( ̄ー ̄)ニヤリ


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
休日の終わりはすぐ来てしまう・・・

健康・からだ
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ