楽天銀行 外貨預金 豪ドルのゆくえ #21 -豪ドル見通し(2022年8月7日)-

お得な情報

以前、楽天銀行の「外貨預金」からの「外貨定期預金」にチャレンジをした

豪ドルを7日間「外貨定期預金」して、800円と少し増えてそのまま「外貨普通預金」の口座に預金されたままでいる。

その後、外貨預金の預金額を眺めていると為替レートの変動により預け入れた総額を割る日も出てきだしたし、払い戻しを検討しようかな~と思いながら手数料とかについて掲載していたが

手続きも面倒だな~ってことでそのままの状態にしていた・・・

すると、購入当初(2021年10月8日)1豪ドル=82.08円だったのが
2022年3月23日に1豪ドル=90.09円なったのを皮切りに
2022年4月3日には、1豪ドル=91.35円となり、2022年4月6日には、1豪ドル=93.29円となる
その後、下がり上がりを繰り返しながら、1豪ドル=93円台をさまよっている

前回、今後の見通しをということで、「資産形成ゴールドオンライン」のサイトを参考に見てみると

「1豪ドル=94円台円を超えれば、97円~100円まで上がる可能性もある。(2022年4月17日現在)

との見方もあるようなので、期待しながらしばらく様子を見ていこうと思っていた。

すると、2022年4月20日には、1豪ドル=95.08円という最高値(円安)を叩き出した

が、しかし・・・1豪ドル=89.40円とついに90円台をわることとなった・・・

その後、ぐんぐんと伸びてきて、2022年6月8日には、1豪ドル=96.55円という最高値(円安)を更新した。

資産形成ゴールドオンラインのリアルタイムチャートを一部加工

このまま、どうなるのか・・・「資産形成ゴールドオンライン」の2022年8月7日の情報によると

【豪ドル見通し】92円が節目!92円を超えれば、大きな下落の可能性あり。

らしい・・・。米国の景気次第なのか・・・

また、

・中国の政治的介入の動きが後退→リスクオフ後退
政策金利は1.85%
政策金利は今後も上昇見込み
失業率が3.5%に低下
・地政学的リスクが少ないので、中長期的には買われやすい

豪ドルは米国株の動きに敏感に反応します。米国株が落ちると豪ドルも売られるので注意!

『資源価格の高騰により中長期的には豪ドル高になりそうですが、短期的なリスクオフの下落にも注意が必要』らしい。

『一時的な円高による下落の可能性もあるので、92円を損切りの買いポジションがおすすめ!』なんだって。

前回(2022年6月)は、『豪ドル/円は97円まで上昇余地あり』って見通しだったけど・・・やはり予想は難しいのかもね~

何はともあれ、今の段階で売りに出すのはもったいないような気がするのは、ビギナーだからなのか???


最近の気になるもの~~!!

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!


今日の活動記録~

お得な情報
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ