2022年10月の宅建士試験 合格ライン予想 ~各社の講評(総合資格学院)~

試験対策(宅建)

2022年10月16日(日)は、2022年の宅建士試験でしたね~

受検生の皆さん本当にお疲れさまでした\(^o^)/
まずは、一息入れてくださいね~。といっても宅建試験はこれから合格発表までヤキモキの日々が続きますね~。

予想合格基準点の2~3点付近の自己採点の方々は、特に眠れない日々が続くと思いますが、自分を信じて合格発表の日を待ちましょう~~

2022年もコロナの影響で10月の申込者が多い場合12月にも実施されるようだ

また、合格発表につては、10月受検の方は2022年11月22日(火)9:30 だそうです。

ということで、いらん世話かも入れませんが、受検された方は常に気になる合格ラインについて定期的にお知らせしようかな~と思っています( ´∀` )

受検に関係のない方も日本の最大規模の国家資格の合格発表までってこんなもんなのか~って感じていただければ幸いです・・・。

2022年10月実施の予想合格ライン

いよいよ、予想合格ラインです。

おっさんも受検後に頻繁に訪問していたサイトの「宅建速報.com」に掲載されているものは下記のとおり

だいたい出そろっては来た感じはあるね~~

総合資格学院の講評

【権利関係】

【問5】期間の計算、【問7】失踪宣告といった、これまでほとんど出題されていない分野から出題されたり、頻出項目である「賃貸借」について比較問題が2問(【問6】使用貸借との比較、【問8】地上権との比較)出題された点が特徴的であったと言えます。また、【問11】~【問14】の特別法4問についても、頻出とは言えない選択肢がちりばめられており、全ての問題で正解に辿り着くのは、難しかったと考えられます。

【法令上の制限・税・価格の評定】

建築基準法の2問と農地法において、初出題の内容が含まれ、難解と感じた受験生が多かったと考えられます。上記3問以外で得点を重ね、建築基準法と農地法で得点を上乗せできたかどうかがポイントであったと考えられる。

5問免除科目は、【問50】で初出題の内容が問われたものの、比較的解答しやすい問題が多く、確実に得点すべき内容であったといえます。

【宅建業法】

【問45】で履行確保法の令和3年度の法改正点が正答肢で早速出題されました。また、近時の法改正点で実務的にも注目のIT重説が【問40】でまるごと1問出題されたり、【問30】では、今まで過去問では出題がなかったものの、実務的には極めて重要な犯罪移転防止法が宅地建物取引業と絡めて出題されました。また、【問37】では実務的な運用基準である解釈・運用の考え方から初出題の内容もみられました。法改正に関する正確な知識や実務的な知識、初出題問題への対応力が宅建業法の試験対策として、極めて重要であるといえます。

今後は、基礎知識や過去出題項目を早い段階でおさえた上で、法改正の正確な知識を習得し、アウトプットを通じて様々な応用問題・新規問題を解きこなすことが、ますます重要となります。

それでは、この総合資格学院の合格予想は・・・

それでは、この総合資格学院の合格推定点は・・・   「35」

強気の1点予想だね・・・

おっさんの勝手な予想

上記の各予想と主な動きを参考に、おっさんも勝手に合格ラインを予想してみます。

おっさんの勝手に予想合格ラインは・・・

35点

2022年10月18日2030現在の予想です。

前回と変わらずです・・・。34点の人は落ち着きませんよね~

なんの根拠もありませんが、おっさんの2度の受検経験と各社・各講師の予想合格ラインをもとにした全く他力本願の予想です。

今後も少しずつ、予想などに変化が出てくると思うので定期的に掲載していきますね~

受験生の皆様お疲れさまでした~~~


40代 楽天市場の購入ランキング