大腸について学んでおこう! #3 ~過敏性腸症候群(IBS)・大腸憩室~

健康・からだ

歳を取るとあちこちにガタが出てきてしまう、もう第何弾になるんだろう・・・

今度は、ひどい腹痛で病院で診てもらったところ「虚血性腸炎」という診断が下されて、1週間ほどの入院となってしまった。

入院の時に、腸閉そくの人や人工肛門となった人など色々出会うことができた。

これを機に、大腸について学んでおこうと思った。

前回までに、「感染性腸炎(ウイルス性腸炎・細菌性腸炎)」、「潰瘍性大腸炎」、「クローン病」、「虚血性腸炎」については掲載したよ。

今回は「医療法人社団順結会 北村医院」のサイトを参考にさせて頂きます。

大腸イラスト

今回の病気により、大腸について学ぶことができた。上行結腸や下行結腸、S状結腸などこれまで聞いたこともなかったのだが・・・

ストレスや生活習慣の影響が顕著に表れやすく、胃と同様にトラブルに悩む患者さんが多いのが大腸なんだって。

だから、色々な病気も存在するらしい。大腸の主な病気が紹介されているので、みんなで気をつけていこう!!

過敏性腸症候群(IBS)

過敏性腸症候群(IBS)とは

腸に器質的病変(ただれや潰瘍、腫瘍など)はみられないけれど、便通異常(便秘、下痢、または両方)や腹痛が続く大腸の機能性疾患。

女性に多く、近年増加傾向にあり、有病率は10~15%で、加齢とともに低下する傾向がある。

ストレスや情動的動揺など、心理的異常を背景とすることが多いのが特徴。また、そこに腸内細菌や粘膜炎症、神経伝達物質、ホルモンなどの内分泌物質、遺伝などの関与により腸の運動異常、知覚過敏状態を引き起こす。

また、脳腸相関といって、脳などの中枢機能と消化管機能の関連が注目されている。

その他、感染性腸炎後過敏性腸症候群といって、感染性腸炎にかかった後に過敏性腸症候群の発症率が6~7倍増加することが示唆されている。

症状

腹痛を伴う便通異常が持続する。

便秘型では兎糞状便を呈し、腹鳴、おならが頻回に出るなどの症状も典型的。その他、倦怠感、不安、不眠、頭痛、頻尿、発汗、動機などの症状を伴うこともあるが、器質的病変ではないため体重変化や血便などは認められず、就寝中の排便もないことが特徴。

治療法

食事と生活習慣の改善が大切。

消化管運動が激しくなるのを抑えるには高繊維食が有効で、薬物治療は過敏性腸症候群に特化した内服薬がある。その他、消化管運動調節薬やビフィズス菌などのプロバイオティクス、高分子重合体製剤を基本とする。

それでも改善がない場合は、抗不安薬や抗うつ剤を使用したり、再度ストレス・心理的要因を評価し、心療内科的なアプローチを考慮する。

大腸憩室

大腸憩室とは

大腸内圧の上昇などにより、腸管壁の弱い部位から一部(粘膜・粘膜筋板)飛び出してしまう形態異常。後天性であり、日本人では右側結腸に好発し、加齢により進展して左側結腸に増加する。

近年は高齢化や食生活の欧米化に伴い、左側結腸に生じる例も増えているが、大腸がんの発生とは無関係。

便秘などによる腸管内圧の上昇が関与していて、低残渣食(食物繊維の少ない食事)を多くとる人に多く、前述のように食生活の欧米化が一因となっている。

症状

憩室のみでは基本的に無症状で、大腸内視鏡検査などの際に偶然発見される場合がほとんど。しかし、合併症として憩室炎、憩室出血があり、こちらは要注意。

憩室炎:腹痛、発熱をきたしす。右側の大腸憩室の場合、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)と紛らわしく鑑別を要する。

憩室出血:時に大量出血をし、血便がみられる。

治療法

無症状で合併症がなければ治療の必要はない。

憩室出血に関しては安静・補液にて自然止血することもあるが、大量出血や持続的出血の場合、大腸内視鏡による止血や血管造影にて塞栓術(血管に詰め物をして止血する方法)が必要な場合もある。

憩室炎も安静・補液、抗生剤の投与で改善することもあるが、膿瘍形成、穿孔、狭窄(腸が狭くなってしまう)を合併したり、憩室炎をくりかえす場合は外科的治療の適応になる。


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・

 

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!


今日の活動記録~
早々と全国的に梅雨が明けますね~

健康・からだ
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ