楽天銀行 外貨預金 ~始める前の注意点~

お得な情報

以前、楽天銀行の「外貨預金」からの「外貨定期預金」にチャレンジをした

豪ドルを7日間「外貨定期預金」して、800円と少し増えてそのまま「外貨普通預金」の口座に預金されたままでいる。

その後、外貨預金の預金額を眺めていると為替レートの変動により預け入れた総額を割る日も出てきだしたし、払い戻しを検討しようかな~と思いながら手数料とかについて掲載していたが

手続きも面倒だな~ってことでそのままの状態にしていた・・・

すると、購入当初(2021年10月8日)1豪ドル=82.08円だったのが
2022年3月23日に1豪ドル=90.09円なったのを皮切りに
2022年4月3日には、1豪ドル=91.35円となり、2022年4月6日には、1豪ドル=93.29円となる
その後、下がり上がりを繰り返しながら、1豪ドル=93円台をさまよっている

そもそも、外貨預金をやる前の注意点について今更ながら確認してみようか~

今回は、伊予銀行のWebメディアである「iyomemo」のサイトを参考にさせていただきます。

スポンサーリンク

「ふやす」お金を外貨預金に

「外貨預金を始めてみようかな」と思っても、近々使う予定のあるお金には手をつけるべきではない、らしい。

というのも、外貨預金は、為替変動の影響を受け、また、入出金には為替手数料がかかるため、元本割れを起こしてしまうリスクがある商品だから。

つまり、当面使う予定のないお金を資金として、長期的な展望のなかでゆっくりと増やしていく事が好ましい

でも使う予定のあるなしって、どこで判断すればいいのかを判断するのに、自身の資産を色分けしてみるといいらしい。

日常生活で「つかう」お金:生活費など

将来使う目的のために「ためる」お金:教育費や住宅ローンなど

当面は使う予定のない「ふやす」お金:老後の生活費など

当分使う予定がなく、長期的な運用に回せそうな、「ふやす」お金を外貨預金に充てるのがいいらしい。

そりゃそうだ・・・。使う予定のあるお金に手を出して、元本割れをしたら、大変だもんね( ;∀;)

外貨預金ここに気をつけよう!

外貨預金を始めるうえで気をつけたほうがいい点を2つ。

・外貨預金は預金保険制度の対象外
預金保険制度とは、万が一銀行などの金融機関が破綻した場合に、1金融機関1預金者あたりの元本1,000万円までと、その利息が保護される制度。ところが外貨預金はその制度の対象外となっている。

・確定申告が必要
外貨預金での為替差益は雑所得の対象となるので、確定申告が必要
ただし年収2,000万円以下の給与所得者で、為替差益を含めた給与所得および退職所得以外の所得が年間20万円以下であれば確定申告は不要。(複数の会社から給与を得ている場合など、一定の場合を除く。)該当するひとは、確定申告の時期に為替差損益をチェックしておこう。


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
天気が不安定ですね~~

お得な情報
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ