老齢年金の繰上げ・繰下げ受給(2022年4月1日改正)

くらし

2022年4月から、年金制度の改正が行われた件については、以前掲載したよ~

この改正で大きなもので、みんなが気になるところであろう、『老齢年金の繰上げ・繰下げ受給』について、少し整理してみようかな~

スポンサーリンク

老齢年金の繰上げ・繰下げ受給

【老齢年金の原則】65歳から受け取れる

繰上げ受給

早く年金を受け取りたい人は最大60歳まで1カ月単位で繰り上げることができる
繰り上げる場合は早くもらう分、1カ月につき0.4%または0.5%減額になる。(減額率は生年月日によって異なる。)

2022(令和4)年4月より「繰上げ」1カ月あたりの減額率が0.5%から0.4%に緩和された。
0.4%の対象となるのは1962年4月2日以降生まれの人で、1962年4月1日以前生まれの人の減額率は0.5%のまま。

例えば、1962年4月2日以降生まれの人で、65歳から年額60万円(月額5万円)の老齢基礎年金を受け取れる人が60歳0カ月または63歳0カ月へ繰り上げる場合、次のようになる

【60歳0カ月へ繰上げ】65歳から5か年繰上げ・・・5か年×12か月×0.4%=24.0%
  減額率は24.0%(受取りは76.0%)年金額は45.6万円(月額3.8万円)

【63歳0カ月へ繰上げ】65歳から2か年繰上げ・・・2か年×12か月×0.4%=9.6%
  減額率は9.6%(受取りは90.4%)年金は54.2万円(月額4.5万円)

繰下げ受給

遅らせてもいい人は66歳以降、最大75歳まで1カ月単位で繰り下げることができる
(ただし、1952年4月1日以前生まれの人は70歳までしか繰下げできない。)
繰り下げる場合は遅くもらう分、1カ月につき0.7%増額(75歳0カ月まで繰り下げると84%増額)になる。

2022(令和4)年4月以降に70歳を迎える人(1952年4月2日以降生まれの人)からは、繰下げ受給による年金開始時期の選択肢が70歳から75歳までに拡大された。

例えば、65歳から年額60万円(月額5万円)の老齢基礎年金を受け取れる人が66歳0カ月または70歳0カ月、75歳0カ月へ繰り下げる場合、次のようになる。

【66歳0カ月へ繰下げ】65歳から1か年繰下げ・・・1か年×12か月×0.7%=8.4%
  増額率は8.4% 年金額は65.04万円(月額5.42万円)

【70歳0カ月へ繰下げ】65歳から5か年繰下げ・・・5か年×12か月×0.7%=42.0%
  増額率は42.0% 年金額は85.2万円(月額7.1万円)

【75歳0カ月へ繰下げ】65歳から10か年繰下げ・・・10か年×12か月×0.7%=84.0%
  増額率は84.0% 年金額は110.4万円(月額9.2万円)

なるほどね~。
早くもらうか、遅くもらえるかで年金額がかわってくるのか~どっちがいいんだろうね~?


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
ラジバンダリな天気ですね~

くらし
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ