便秘が天敵に・・・ ~便秘解消ストレッチ~

健康・からだ

以前掲載したとおり、「虚血性腸炎」を患い、1週間程度入院してしまった。

その虚血性腸炎においては、今回治ったとしても再発する可能性があるらしい・・・。

虚血性腸炎は、便秘が原因で発症することが多いらしい。

そのことを知ってからは、どーも「便秘が天敵」である・・・

ということで、便秘解消について見てみようか~~

今回は、「スルーラック」のサイトを参考にさせて頂きます。

このサイトによると「身体を動かすことは、腸を動かすことに」らしい。
結構身体は動かしているとは思うのだけれどな・・・

スポンサーリンク

腸ひねり体操で、つまりを改善

デスクワークの合間に

ガスと便のつまりの改善へ。

1.イスに浅く腰掛け、正面を向いて背筋をのばす。

2.背もたれを持って息を吐きながら上半身を左にひねる。

3.同じように反対側も行う。

起床や就寝前に

1.あおむけに寝て、両足を揃えてひざを立てる。

2.息を吐きながら両ひざをゆっくりと左に倒す。

3.息を吸いながらひざを戻す。反対側も同じように繰り返す。

それぞれ、呼吸のタイミングが大事なんだろうね~。意識しておかないと難しいよね。

つま先立ち1分で、お腹まわりを強化

つま先で立つと、自然と下腹部やお尻に力が入ることに。
腹筋下部や骨盤底筋といった便を押し出す筋肉を鍛えられるので、お通じの改善が期待できるらしい。

簡単つま先立ちエクササイズ

洗い物や歯磨きをしながらや、通勤電車の中でも。

1.転倒しないよう椅子や壁に手をつく。

2.お腹を引っ込ませて、かかとを引き上げる。

3.お尻をキュッと締めるように意識して、そのまま1分キープ。

ヨガポーズで、腸の緊張をゆるめる

ストレスが原因の便秘には、リラックス効果のあるヨガを。
自律神経のバランスが整い、緊張した腸もゆるむことで、腸の活性化が期待できるらしい。

ストレスでも、便秘になるんだね~

猫のポーズ

1.腕と足を肩幅に開き、四つんばいの姿勢になる。

2.ゆっくり息を吸いながら目線を上げて、背中を反らす。(図1)

3.ゆっくり息を吐きながら背中を丸め、そのまま呼吸しながら30秒キープ。(図2)

ガス抜きのポーズ

腸をほどよく刺激し、腸内に溜まったガスの排出が期待できる。

1.あおむけに寝て、息を吸いながら片ひざを胸に引きよせて抱える。

2.息を吐きながら、太ももをお腹に押しつけて呼吸をゆっくり5回。

3.息を吸いながら、膝をゆっくり戻す。

4.反対側も同じように行う。

片足ねじりのポーズ

1.両脚を伸ばして座り、姿勢を正す。

2.右脚を曲げ、左脚の外側にかける。左手で右のひざを抱えて、右手はお尻の後ろにつく。

3.息を吐きながら、ゆっくりと上半身を右にひねってキープしたまま呼吸を5回。

4.息を吸いながらもとに戻る。反対側も同様に。

天敵をやっつけるために少しがんばってみるか~ヽ(^o^)丿


最近の気になるもの~~!!

ポイントサイトが気になっています。
これらのサイトを経由して買い物などをするとポイントが貯まるらしい・・・
今回は、Gポイント~~~

 

Gポイント

 


今日の活動記録~
今日は肌寒い一日でした・・・寒暖差が凄いですもんね~~~

健康・からだ
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ