デジタルデトックス②

その他

スマホなどのデジタル機器をオフにし、脳に必要以上の情報を与えない状態のことを

「デジタルデトックス」と言うらしい

なんと、「デジタルデトックスを日本に普及すること」を目的として活動している、

DIGITAL DETOX JAPAN(日本デジタルデトックス協会)

という団体も存在するらしい

今回は、「DIGITAL DETOX JAPAN(日本デジタルデトックス協会)」のサイトを参考にさせて頂きます。

私たちの脳は、暇を嫌い、常に新しい情報を求める習性があるらしい

ほとんどの人がスマートフォンやタブレットなど、インターネットに接続するデジタルデバイスを所有・利用していて、デジタルデバイスは24時間365日、いつでも私たちをデジタル世界に接続している

デジタルデバイスはいつも手元にあり、ふとした瞬間の暇つぶしに最適で、何か調べものをしたり、記録をしたり、非常に便利な機能を持っている。

デジタルデバイスは私たちの生活をとても便利で快適なものにしてくれますが、頼りすぎることは、逆に私たちの本来持っている能力を退化させることにつながる

デジタルデバイスは私たちの脳と非常に相性がよく、ある意味では私たちの脳を拡張しているらしい。

それは素晴らしいことだが、それに頼って自分自身の能力を退化させてしまっては元も子もい。

私たち自身の能力が高くなければ、進化した道具を使うことは出来ず、それどころかAIなどの進化によって私たちが使われる側になってしまうというマトリックスな状態になってしまうらしい。

iPhoneなどを発明したスティーブ・ジョブズも子どもたちにはデジタルデバイスを与えなかった、ということはよく聞く話だよね~。

このサイトが収集したデータによると

■研究によると、落ち込み・ストレス・不安といった状態の人がデジタルデバイスを持たずに外出した結果、95%もの人がより平穏で、バランスの取れた気分に改善したと報告した。

■WHO(世界保健機構)はゲームのやり過ぎで日常生活に支障をきたす症状を正式に疾病と定義することを発表しました。

■10代のスマートフォンでのインターネット利用は小学生で17.4%、中学生で46.4%、高校生で89.4%です。高校生の平日の平均利用 時間は177.7分でした。

■平均的なユーザーはソーシャルメディアだけで1日平均2.15時間を費やします。(2012年時点では平均1.5時間)

■2016年の調査では、スマートフォンを1日に150回(6分30秒ごとに)チェックし、毎日2,617回デバイスをタップし、スワイプしてクリックしています。

■18歳〜34歳のほぼ半数が、ソーシャルメディアのフィードによって、自分は魅力的ではない、と感じている。

なるほどね。
思い返せば確かに6分30秒ごとくらいに1回はスマホチェックをしているかもね・・・

デジタルデトックス定期的には必要かもね~~


最近の気になるものランキング!!

最近、仕事で使えるバッグがないかを模索中・・・。良いのないかな~

 


今日の活動記録~
久しぶりに春の陽気を感じました~~

その他
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ