ブロッコリーのちから

その他

ある時期になるとお裾分けってことで結構頂くんだよね~

ブロッコリー

茹でてマヨネーズとポン酢がお気に入りの食べ方( ´∀` )

結構食べていると気になるのが、栄養とかそんなこと・・・

ということで、今回はブロッコリーについて

ブロッコリーは、「アブラナ科」に属する野菜。
キャベツの仲間でもあり、ブロッコリーの先端を包む葉を見ると、キャベツとよく似ているらしい。
またブロッコリーは、小さな蕾が集まった「花蕾」を食べているんだって~~

ブロッコリーは、わき芽の先にも花蕾がつく品種があり成長し続けて、放っておくと花が咲くこともあるんだって。その前の収穫するのかな??

ブロッコリーは、β-カロテン810μg(マイクログラム、可食部100gあたり)を含む緑黄色野菜。
β-カロテン以外の栄養では、
ビタミンE(α-トコフェノール)2.4mg
ビタミンK 160μg
ビタミンC120mg
葉酸210μg を多く含むらしい。なかなかいい感じの栄養だね( ´∀` )

β-カロテンは体内でビタミンAの働きをして、美容や健康にとても重要な栄養素。の粘膜や、の網膜のほか、などの機能を正常に保つための働きをするんだって

特に野菜の中では、ビタミンCを多く含む野菜らしいよ
なんでも、レモンの半分くらいのビタミンCを含んでいるらしく、大人が1日に取るべきビタミンC量である、100mg分を簡単に摂取することが可能なんだって

ブロッコリーを食べるときは、だいたい茹でるよね。
でもブロッコリーのビタミンCは、なんでも水に溶けやすい性質を持っているんだって。

だから、ブロッコリーを茹でるときは、あまり長く茹でず2~3分くらいでさっと茹でることがオススメらしい

ちなみに、ブロッコリーを茹でると120mgあったビタミンCが、50mgくらいにまでなるんだってよ~
ブロッコリーを茹でるときは、茹で時間に注意して手早く茹でましょう~

ちなみに、ブロッコリーはつぼみの部分よりも、茎のほうが多く栄養素を含んでいるんだって。
結構つぼみだけ食べて、茎を捨てているんだけどもったいないことしてたね。

茹でたら、アスパラガスの茎のような感じで美味しいよ。
せっかく食べるのであれば、美容や健康にも良い、茎も一緒に食べるようにしよう!


最近の気になるもの~~!!

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!


今日の活動記録~
やっと金曜日だね~

その他
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ