車のCVT車とは

その他

年末年始になると、車の販売店の広告がたくさん出てくる。

何気に、広告の内容を見ていると「MT車」「AT車」「CVT車」とか言葉が出てくる

「MT車」と言えば、マニュアルトランスミッションの略らしく、マニュアル車って呼ばれるやつで、エンジン回転や速度に合わせた適切なギヤを手動で選ぶもの。チェンジするため、アクセルとブレーキペダル以外に、クラッチペダルがあって両足で操作するやつ

「AT車」は、最近の車に多く採用されているオートマチックトランスミッションの略で、オートマ車とよばれるやつ。自動で適切なギヤを選んでチェンジしてくれる上、クラッチペダルがないので片足で操作できるやつ。免許にも「AT車限定」というものもあるよね~

じゃー、最後の「CVT車」とは何なんだろうか???

なんかこれまで聞いたことはあったのだが 「MT車」とか、「AT車」のくくりのところに入るとは・・・

なんでも「CVT車」とは、AT同様イージードライブを実現するものらしい。
でも、AT車は自動で最適なギアを選んでくれるものなのだが、CVTは無段変速機と呼ばれギヤがないらしい。

どうやって、変速していくかというと、プーリーという滑車がふたつ2組あって、そのプーリーを金属製のベルトで結ばれているらしい。

そして、このプーリーが閉じたり、開いたりして幅を変えることによって変速するんだって。

まあ、よくわからないからトヨタの動画を貼っとくね( ´∀` )

CVTは、エンジンの回転数を一定に保ったまま速度を自在に調整することができるらしく、エンジンの回転数を変える必要がないんだって。

エンジンの回転数を上げたり下げたりしなければ燃費がよくなって、必要に応じてエンジンの効率が最もよい、回転数を選べて、MTやATのようにトランスミッションに何種類もの変速ギアがない分、車重が軽くなるというメリットもあるらしい。

だから、最近の車はこのCVT車が増えているらしい。

ただし、若干パワーが劣るらしくハイパワー車には採用されていないとのこと。

また、大きなくくりでは、ギアチェンジを自動でするか、手動でするかで区別されるから、このCVTもAT車の仲間に入るらしいから、「AT車限定免許」のひともこのCVT車も運転できることになるらしいよ。

なるほど~。


最近の気になるもの~~!!

 

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!


今日の活動記録~
毎日毎日寒いですね~

その他
スポンサーリンク
Follow Me!
おっさんのドタバタ奮闘記ブログ