グアバの実をいただいた( ´∀` )

その他

どこかの飲料メーカーが「グアバ茶」というペットボトル入りのものを販売していたかと思って探してみたが、見つからなかった。

その代わり、沖縄のメーカーが缶に入ったものを出していて、その他、粉末状のものなどは数種類販売されているようだ。

グアバ茶というのは、その名のとおり「グアバ」というものから作られるようだが、これまで詳しくは知らなかった。

グアバは色や形、大きさなど多種多様で、近種も含めると160種以上のタイプが存在するらしい。あまり見たことはないけどな~~

なんでも、グアバには、「ビタミンC」、「ビタミンE」、「ビタミンB群」、「β-カロテン」、「食物繊維」、「ポリフェノール」などが含まれており、「熱帯のリンゴ」とも呼ばれている南国を代表するトロピカルフルーツと呼ばれているらしい。

なかでも、果物の中でもトップレベルの「ビタミンC」の含有量を誇るらしい。
なんでもビタミンCは、体を酸化から守る働きがあり、免疫力アップなども期待できるらしく、コラーゲンの生成と保持に欠かせない栄養素なんだと

また、グアバの葉にはタンニンやケルセチンといったポリフェノールが含まれており、血糖値の上昇を抑える効果が期待できるんだって。

ということは、グアバは実も果物として食べられるし、葉っぱを煎じてお茶として飲むこともできるんだね。お茶は、葉っぱからなんだね~

先日、90歳を超えた知り合いのおばあちゃんにこのグアバの実をいただいた。

なんでもおばあちゃんのおうちの庭にグアバの木を植えているらしく、今年は100個くらいの収穫があったらしい。

先日のとおり、栄養価に優れていて体にいいからって10個くらい頂いた。

きれいに洗ってそのまま食べることができるらしい。皮が気になれば中の実(種?)だけを食べていいみたい

調べてみると、グアバの実は「生食で皮ごと」食べたり、「ジュース」にしたり、「ジャム」にしたり色々な食べ方があるらしい。

中身はというと、種類は違うけれど(食べてしまって写真がなかった(笑))次のような感じで、種が多く含まれている。

種ごと食べられるみたいだが、消化に悪いので食べすぎには気を付ける必要があるみたい

実際に食べてみると、少し酸っぱいかな~。イメージとしては、キウイフルーツを食べている感じでバナナとの中間のような感じでそれほど甘くはない。

苦手な人も多いかもね~って感じの味だけど、先述のとおりビタミンCやビタミンEなどが豊富なことから女性にも人気の果物なんだって。

そのおばあちゃん曰く、この実ごと植えたら実がつくようになるらしい。おばあちゃんの娘さんが植えて一年くらいで収穫できたそうだ。(きっと娘さんは苗木を買ってきて植えたんだと思う・・・)

もともと、ブラジル、ハワイ、ニュージーランド、インド、台湾など世界の熱帯・亜熱帯地域で広く生産されており、日本でも90%以上は沖縄県で作られているものらしいが、とても強い植物で、インドでは夏季45℃、冬季4℃の状況下でも生育するといわれているらしい。

なので、おばあちゃんのところでも生育したということはないことではなさそうだね。

完熟した果実の果肉に付いている種を取り出して、そのまま種まき用の土にまき、土が乾かないように注意しながら管理する「種まき」の方法と挿し木に適しているのは4月から9月頃で、枝を10センチ弱くらいの長さにカットし、挿し木用の用土(バーミキュライトなど)に挿し木する「挿し木」の方法とがあるらしい。

頂いた実から種を取ってプランターに植えてみようかな~

今後の生育にご期待ください( ´∀` )

おっさんのドタバタ奮闘記 - にほんブログ村

今日の活動記録~
今日は比較的に暖かかったかな~