ついに骨伝導イヤホンを買ってしまった・・・ #1

その他

特に土曜日曜日や祝日になると、だいたい1時間から長いときで2時間半くらいウォーキングを行っている。

その際、音楽などを聴いたりするためにイヤホンを使っている。

だいぶ前にはなるが、割と安価なイヤホンでも大丈夫というようなことを掲載したが、価格並みの持ちようで2か月もたたないうちに使えなくなった。

やはり、使っている時間が長いのか、汗などで故障してしますのかそれから幾度となく安価なイヤホンを買い替えていた・・・

また、イヤホンには「カナル型」や「インナーイヤー型」とある。

「カナル式」はフィット感があって、耳の形にあった羽のような形のした、止めのようなものがついているものがある

また、「インナーイヤー型」は、すぐに装着できる。

しかし、双方欠点があって、「インナーイヤー型」は少し運動すると外れてしまい、「カナル型」は、長時間使うと耳が痛くなる。

ウオーキングやたまに走ったりもするので 「カナル型」を選択して購入していた。が、どうも耳が痛くなる。

ということで、だいぶ前から「骨伝導のイヤホン」というのが気になっていた。

耳へ直接差し込むものではないため、耳への負担が少ないらしい。
しかも耳をふさがないため、ウオーキングする際に公道を使うのだが、ある程度の外の音も聞こえて安全らしい。

だが、この「骨伝導イヤホン」どうも購入を決断するまでには時間がかかった

理由としては、
・音漏れがするらしい
・通話する際の双方の声は聴きとれるのか
・とにかく使ったことがない

やはり新しいものを手にするときは、色々迷うってことだよね~

まあ、しかしこの耳の痛さには耐えられない。
ということで、一度使ってみるか~

「骨伝導イヤホン」

音漏れも、ウオーキングの時は関係ないか~。通話も試してみないとわからないからね・・・
でも、せっかくの初物なので失敗はしたくない。

楽天市場など色々調べた結果、今回はこの中から選ぼうと目星を付けた

骨伝導イヤホンのリーディングカンパニー」その名も

AfterShokz !!

骨伝導技術メーカーらしい。

種類も5種類あるらしい

Aeropex

これまでで最も先進的なワイヤレス骨伝導イヤホンです。長時間のバッテリー寿命による高品質なサウンドを実現し、あらゆる運動時において素晴らしい性能を発揮することができます。わずか26gの軽量フレームは、信頼性の高い安定性を提供し、痛みのないリスニングと自由な操作を可能にします。

ヘッドホン アフターショックス 骨伝導 AfterShokz AFT-EP-000011 AfterShokz Aeropex Cosmic Black 骨伝導 ヘッドホン ワイヤレス

 

OpenCommAfterShokzが初めてコミュニケーション専用に開発したBluetoothヘッドセットです。DSPノイズキャンセリングブームマイクを搭載し、よりクリアな会話を可能にします。オープンイヤー型のデザインは、移動中や職場、デスクでも周囲との繋がりを保つことができ、1日中快適です。さあOpenCommでコミュニケーションを。

【土日もあす楽】AfterShokz アフターショックス OPENCOMM 骨伝導 イヤホン マイク ワイヤレス Bluetooth 5.0 ブルートゥース IP55 防水 高音質 軽量 通話時間最大16時間 長時間再生 在宅ワーク テレワーク 通話 正規代理店 送料無料

 

OpenMove汎用性を重視し、日常的に使用できるように設計されています。最高級の骨伝導技術と、当社独自のオープンイヤーデザイン、そして快適で安全なリスニングをエントリーレベルの価格でご提供します。

AFTERSHOKZ ブルートゥースイヤホン 耳かけ型 骨伝導 OpenMove Slate Grey AFT-EP-000022 スレートグレー

 

AS801-ABT01テレビに接続トランスミッター付きのTVセットは、他人に影響を与えることがなく、自分だけにTVの音声が聞こえる骨伝導イヤホンです。耳を塞がないので、TVを楽しみながら生活音にも意識できます。ペアリング済みで開封してすぐに使えます。

ra_骨伝導 ワイヤレスヘッドホン テレビ用AfterShokz トランスミッターセット Bluetoothイヤホン aptx 低延遅 AS801-ABT01

 

Xtainerzオープンイヤーのリスニング体験を新たなレベルへと導きます。IP68の防水設計は、水深2mまでの完全な水没に耐えることができます。そして最大8時間持続する強力なバッテリーと最大1,200曲を保存できるストレージを備えており、驚異的な水中音質を継続して楽しむことができます。水泳には欠かせないアイテムです。 

さすが、骨伝導イヤホンのリーディングカンパニーの製品らしく、口コミも割と良好だ。

しかし、結構お高い・・・。

初物だけに2万弱は出せん・・・。せめて1万円くらいなら・・・

それで良かったら次買うときは、2万弱でもいいのか判断はできるだろう・・・

ということで、今回は

『OpenMove』9,999円~にすることにした

次回は、購入して実際に使った結果をお知らします( ´∀` )

おっさんのドタバタ奮闘記 - にほんブログ村

今日の活動記録~
寒暖差~~~~