「自律神経」っていうのも大事なんだね~ #1

健康・からだ

最近、からだがだるかったり、思い通りに動けなかったりすることがちょくちょく・・・
これって、もしかしてよく耳にする「自律神経」が乱れてきているのかな~???ってことで調べてみた。

今回は、「ココカラクラブ」の記事を参考にさせていただきました。

人間の体内には無数の神経があって、内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」なんだって。

「自律神経」は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、意思とは関係なく24時間働き続けてくれてるんだって。休むことなく・・・ありがとう。

昼間や活動しているときに活発(心と体の状態を活発にする)になる「交感神経」と、
夜間やリラックスしているときに活発(心と体を休ませる)になる「副交感神経」 の2種類があるんだって。

「交感神経」 が強く働くと、血圧が上がり、瞳孔が拡大して、心と体が興奮状態になるらしい。

一方、 「副交感神経」 が優位に働けば、血圧が下がり心拍数は減少。瞳孔が収縮し、心と体が休んでいる状態になるんだって。

だから、2種類の神経がどう作用するかによって、心や体の調子が変わってくるんだって。なるほど~

この 「交感神経」「副交感神経」 がうまくバランスを取りながら働いているときが健康が保たれている状態で、このバランスが崩れると心身に支障をきたしている自立神経の乱れた状態なんだって。

自立神経の乱れる状態の原因は、
・人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス
・過労による肉体疲労
・昼夜が逆転したような不規則な生活 などがあるらしい・・・

さらに、「自律神経失調症」というのは、自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠など、さまざまな症状が見られる病気なんだって。

また、自律神経がバランスを崩すと、「神経性胃炎」や「過敏性腸症候群」、「過呼吸症候群」になることもあるんだってよ~

「自律神経」 って結構重要な神経なんだね。
そりゃー24時間休まずに働いてくれているから当然か~

ストレスを感じることが多い現代社会では、「交感神経」が過剰に働いている場合があるので、意識的にリラックスできる方法を取ることが大切。

気長に考える習慣を身に付け、普段から物事を楽観的に捉えることが重要なんだって。
これ大事だよね~

そのほか、毎日の生活リズムを整えたり、食生活にも気を付けるといいらしい。

心身を興奮状態にする「交感神経」の働きを弱め、体を休ませ、気持ちを落ち着かせる「副交感神経」の作用を強くすることが大切なんだって。

少しずつ意識できたらいいですね( ´∀` )

今日の活動記録~
今日もウオーキングできました~。明日はやっと土曜日です\(^o^)/