健康診断結果に『eGFR』って項目があるよね~

健康・からだ

肝機能や尿酸値、コレステロール値などに気を取られ、あまり気にはしていなかった健康診断結果の項目にある『eGFR』ってやつ、今回はこいつのはなし。

なんでも、「腎臓の働き」を調べる項目らしい・・・

腎臓といえば、血液中の不要物(老廃物)を取り除いてくれる臓器だったよね( ´∀` )
腎臓のはたらきが悪くなれば、人工透析の治療が必要になるってよく聞く話だよね・・・。

この『eGFR』は、推算糸球体濾過量のことで、腎臓にどれくらい老廃物を尿へ排泄する能力があるかを示すものらしい。この値が低いほど腎臓の働きが悪いということになるんだって。

また、慢性に経過するすべての腎臓病を慢性腎臓病(CKD)といって、
その重症度に応じてステージ1からステージ5の5段階に分けられていて、
その指標となるのが『eGFR』なんだと。

『eGFR』は、血清クレアチニン値と年齢と性別から計算できらしい・・・。(計算式は省略)
今回、参考にさせてもらった「協和キリンサイト」で計算してくれるよ。

また、この辺がややこしい話だけど、『eGFR』『GFR』とがあって、
何度か採血や採尿などで計測するのが『GFR』で、
1回の採血で糸球体濾過量を推算する方法が『eGFR』らしい。

『eGFR』は糸球体濾過量(『GFR』)を推算する値であり、糸球体濾過量(『GFR』)そのものではないらしく、判断基準も異なるみたい・・・

要は、健康診断の結果などの項目にあるのは『eGFR』で、60を下回ると、腎機能は低下していると考えるんだって。

じゃー、おっさんの最近の『eGFR』の数値はというと・・・

まあ、まずまずやね~~~

でも油断は禁物だよ。腎臓は一度悪化したらなかなか治りにくい病気らしいから気を付けたいね
先ほどの「協和キリンサイト」による注意したい生活習慣は次のとおりみたい

だいたいどこでも出てくる生活習慣だね~~( ´∀` )
簡単そうだけどなかなか実践できない・・・。人って怠けちゃう動物だよね~

今日の活動記録~
今日は、休養日としました~~