血管年齢測定 ~高血圧治療開始2年経過時~

健康・からだ

血管年齢には、生活習慣が密接に関係しているとのこと・・・
血管年齢の若返りには、塩分を控えたり、青魚を食べたりとすると効果があるらしい
前回掲載したものを参照していただきたい( ´∀` )

ということは、やはり高血圧症の治療を受けている身としては、血管年齢は気になるところ
動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞などを発症したらと思うと・・・気を付けないと💦
高血圧症って色んなことにつながっていくんだね~、もう治療しているから安心ではなくて気を付けないと( ;∀;)

高血圧症の薬を飲んで、血圧を安定させると血管も若返るんだろうか?
薬に利尿作用が働く成分が入っているので、『オシッコをたくさんすることで塩分を体外に出すようにしよう』って、かかりつけ医の先生に言われたことがあったっけ~

薬おかげで、午前中のトイレに行く回数は結構なものだよ~~( ´∀` ) 塩分出てけ~~~ ってね
だから、理論的には、高血圧症の治療をして結果が出ていれば、

 血管年齢も次第に実年齢に近づいてきているはず!

ということなんだろうね~

ということで、今回は、高血圧治療を開始して2年経過した時点で測定した血管年齢の結果の話です~

血管年齢の測定方法はというと、両手両足の血圧を同時にはかります
通常血圧を測るときに腕にバンドみたいなの巻きますよね。あれを両手両足に巻きます。同時に締め付けられること5分くらいかな~(どうやら、「CAVI(キャビィ)検査」というらしい)

案外すぐ終わります。でも途中で看護師さんが忙しく出ていかれるときは、そのまま放置されます・・・
その時の寂しさときたら・・・このまま忘れられたらどうしよう・・・
ゴホン、ゴホンと咳払いしたりして~( ´∀` )

血管年齢測定 キャビィ

終わると待合室で呼ばれるまで待ちます。
呼ばれて診察室に入ると、もう結果はでとります・・・

結果は(2020年3月測定分)・・・

血管年齢測定の結果2020年3月

実年齢でとるね・・・

あなたの「推定血管年齢」は

  53歳に相当します。

ズバリ言ってくれるね~。

かかりつけ医の先生一言
「あまり下がってないね~」

・・・どうしてだろう?
でも、健康であれば腕より足のほうが若干血圧は高くなるみたいなのでそこは心配なさそう・・・

「もう少し、実年齢に近づけようか~。薬もう一つ追加してみようね~。運動のほうももう少し頑張ってね~」

「・・・。」

ということで、2年間の治療において、多少の結果は出てきたが、まだまだ頑張らないといけない模様・・・

以上が、高血圧治療開始後2年経過時の血管年齢測定の結果でした~
その後、高血圧治療開始後3年経過時の測定を行うこととなるが、その結果はまたいつか~( ´∀` )

今日の活動結果~
 今日は暑かった~熱中症にならないために気を付けながらのウォーキング( ´∀` )